勉強法

【中学数学参考書】超お勧め本★つまずきやすい問題をわかりやすく解説

小学6年生から読める【中学の数学・方程式が超分かる本】 (著)飯田圭一 の参考書のレビュー記事です。

うちの子に小学6年の時に見せたかった本ですが、中学1年の春にこの本を知りこの本で学習したところ、苦手だった食塩の〇%の問題が完全に理解できました。

下の子には、絶対に小学6年生で、授業で習う前に予習させたい本です。

中学の数学を分かりやすく解説してくれている本ですが、この本の後半 第4章では、小学6年生で勉強する内容も書いてあります。

小学6年生の算数って結構難しくなって、分かりやすく説明したくても教える素人の親が、超分かりやすく教えるのって無理がありますよね~。

小6だと、距離・速さ・時間の問題を公式にあてはめるだけになってしまっていたり、食塩の〇%の問題って中学でさらに難しくなって、受験問題にも出やすいです。

超分かりやすい本を発見したのでシェアします。

それがこちら▼

amazonでレビューが良かったので、購入しました。

 

本の内容

Sposored Link

第1章ーー +の数・-の数

第2章ーー 文字式の考え方

第3章ーー 方程式の計算問題

第4章ーー 文章問題の基礎

第5章ーー 方程式の文章問題

黒と赤だけで、カラフルではありませんが、先生と生徒の会話形式で教えてくれるので、とても読みやすいです。中学に入ると急に数学が難しく感じます。

それは、数字だけではなく、xや y などの文字式が出てきて、答えが数字ではなくて、式を文字で表すという今までにやったことがないことにびっくりしてしまうからかもしれませんね。

この本では、方程式を完璧にマスターできるように分かりやすく解説してくれます。

 

第4章では、速さ・時間・距離の問題で、ちゃんと理解できるように時速についての意味を解説してくれています。下の子には小学生でこの単元に入る前にこの本で予習させたいと思っています。

食塩の問題も第4章にあります。〇%の問題です。こんなに分かりやすく書いてあるなんて~と感激でした。この問題は理解が難しくて、そのままにしてしまっている子も多いのでは・・・。

 

うちの子もあまり理解していないまま中学生になってしまいましたが、中学でも食塩の問題はさらに難しくなって出てくるんですよね~。放置はできません!!

イメージしやすいように図の書き方もシンプルで自分で再現しやすいです。うちの子は食塩の問題が得意になって、みんなができない問題が解ける喜びを感じていました。

娘は中学生でも塾には行かず、スタディサプリと進研ゼミで学習しています。それでも学校の授業についていけています。

うちの学習スタイルです。こちらの記事も良かったら読んでみてください▼

【スタディサプリ】お勧めする理由!英語の応用は神授業!中学生塾なし勉強法

 

【進研ゼミ中学講座】特におすすめの月がある!2ヶ月の裏ワザ!料金は高い?

 

小学生はこちら▼

Sposored Link

【進研ゼミ小学講座3年生】画像で徹底レビュー!料金は?タブレットかテキストどっちがいい?

まりこ
参考になったら嬉しいです

-勉強法

Copyright© mamaガジン , 2020 All Rights Reserved.