Food 健康

【ヨーグルティア】で、塩こうじの作り方、使い方

塩麴

塩こうじは、発酵食品!毎日継続的に食べることで体にいいことがいっぱいあります。

腸内環境の改善

動脈硬化の予防

免疫力アップ

美肌・美白

生活習慣病の予防

そして、お肉をやわらかくしてくれるので、安いお肉でも美味しくいただけます!

~用意するもの~

・ヨーグルティア

・米麹(400g)

・塩(120g)

・水(400~600g)

作り方

Sposored Link

ヨーグルティアの内容器とスプーンをレンジの熱で消毒します。

内容器の底が隠れる程度(約50cc)の水を入れ、ヨーグルトスプーンを立て、内ふたをのせます。600wで1分30秒加熱します。

②容器に麹、塩、水を入れて、温度を60度、タイマーを6時間にセットする。

③出来た塩麹を入れる容器とふたに熱湯を入れ、しばらくしたらお湯を捨て乾かす。

と~っても簡単ですね。冷蔵庫に入れて保管し、出来れば毎日混ぜた方がいいです。(熟成されていくので)

わたしは面倒くさがりなので、結構大量に作っていますが、多い方は半分の量でもできますよ。冷蔵庫で半年くらいもちます。

麹

麹はスーパーでも売っています。

水の量は硬めかゆるめか、好みで調節してくださいね。ちなみに水は600gで作っています。ゆるめの方が、サラダを食べる時に使いやすいので・・・

使い方

朝の卵焼き塩麹を入れるので、その時に混ぜています。塩麹入りの卵焼きにする前は、しょうゆと砂糖を使っていましたが、塩麹の方が好きです。

塩麹の栄養を壊さず体に取り入れるには、熱を加えずそのまま食べるのが一番!ドレッシング代わりに塩こうじを入れています。サラダが少しなら、塩麴だけ。物足りない時は、オリーブオイルと、ハーブソルトをプラスしています。

ゆで卵塩麴をのせて食べています。

きゅうりの漬物塩麴ときゅうりを袋に入れるだけ!5時間後には食べられます。

からあげを作る時に、塩麴も入れるとお肉が柔らかくなって美味しいです。ホンマでっかTVでも放送され、マツコさんが絶賛されていました。

豚肉・牛肉塩麴をつけてから、数時間後に焼くと美味しく仕上がります。(牛肉は色が変わりますが焼くといつもどうりの色になります)キャンプに行く時も、袋に塩麴と肉を入れて持っていきます。

魚の干物を焼くと、いつもぱさついたり、臭みがあって美味しくなかったのに、塩麴を塗って、1時間後に焼いたらパサつきも臭みもなく、美味しく焼けました。

ローストビーフを作る時に、塩麴を入れて低温調理しています。前に塩麴を使い切ってしまい、しょうがなく入れずに調理したら、いつもより硬くなってしまいました。これだけ差がでるのか~~( ゚Д゚)と思ったので、それ以降 塩麴はきらさないようにしています。

ローストビーフを簡単に失敗なく作る方法を記事にしたので、良かったらこちらも読んでみてください↓↓

Sposored Link

【コストコのランプ肉】で失敗しないローストビーフの作り方

塩麴は腸内環境を良くします。体を健康に維持するには腸内環境がカギを握ります。

塩麹は腸の働きをサポートして、善玉菌を増やしてくれるので継続的に食べるといいですよ~(*^-^*)

まりこ
参考になったら嬉しいです

-Food, 健康

Copyright© mamaガジン , 2020 All Rights Reserved.